神戸でED治療を受けるならバイアグラで克服

神戸では、各地域ごとに病院を調べることが出来ます。神戸市中央区では、約30件の病院がED治療を扱っています。主にバイアグラなどのED治療薬による服薬治療がメインです。神戸市では、美容形成外科でもED治療を扱っている病院があります。
その他、陰茎海面体注射によるICI療法や、最新の治療法であるED1000という低周波を利用した療法を行っている病院もあり、充実した環境が整っています。
ED治療の第一候補は、バイアグラなどの薬による治療です。別名PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)阻害薬と呼ばれているこの薬は、血管拡張をおさめてしまうPDE5酵素の働きを邪魔して、血管拡張を助ける作用があります。EDの原因はペニスにおける血流障害がほとんどです。なので、薬によって血管拡張をさせることにより、勃起を維持させます。
バイアグラは効果が強めの薬で、症状の軽い人が使うと勃起力が強すぎて硬くなりすぎてしまう場合もあります。病院処方のバイアグラは25mgが1,300円、50mgが1,500円くらいが相場ですが、これをそのまま使わずに分割して使うと、程よい効果になる可能性もあります。
例えば、50mgを1錠買って、それを5分割して使えば、有効成分10mgのバイアグラを5つ手に入れたのと同じことになります。薬を分割して使うのは危険だと思っている人もいますが、ED治療薬に関しては分割して使ってもなんら問題ありません。もともと海外人向けに作られた薬なので、体格の小さな日本人にとっては、分割して使ったほうが効果が程よいケースも多く見られます。
まずは少量から使ってみて、効果がちょうど良い服用量を把握してみると良いでしょう。