薬による健康被害への保険適用

バイアグラはED治療薬として日本でも名前の知られた薬の一つです。非常に効果がある薬であると評価されている一方で副作用のリスクもあるという薬であるため、専門の医師の判断のもとで慎重に使用していくことが必要であると言えます。この様な仕様をしていても一定の確率で何らかの健康被害が出てしまうことはバイアグラが薬である以上は起こり得ます。この様なケースにおいては薬による健康被害ということで救済制度を利用することが出来ます。
この制度はいわゆる健康保険の治療とは異なり、医薬品副作用被害救済制度と呼ばれる仕組みを利用して行われるものです。ここでは日本が認可した薬が適正に使用された条件下で発生した副作用による被害を救済することを目的としているものであり、この原則に外れる場合には利用することが出来ない仕組みになっています。このことを知らずに正規の方法以外で入手するケースがあります。
現在バイアグラは日本で認可されている錠剤とされていない錠剤の二種類が存在しており、効果が強いいくつかの錠剤については未認可であるがために個人輸入による通販での購入が可能になっています。これはいわゆる認可された薬品には含まれませんので、もしも何らかの健康被害が出たとしても国の医薬品副作用被害救済制度を利用することは出来ません。全て自己責任での対応が求められます。一般に通販で薬を買う場合にはその様な副作用が発生したケースを想定して判断を行うことはありませんので、値段だけを見て判断することもあるでしょう。しかし実際には通販での薬剤入手にはこの様な問題もはらんでいるのです。そのため通販で薬剤を購入する場合にはこの様なリスクを十分に理解しておくことが必要であると言えるでしょう。